温泉でマッサージをお願いしたのに?

去年の夏に家族旅行で裏磐梯へ行った際、ホテルの大浴場脇にマッサージ屋さんがあり部屋へ来てやっていただけるということで40分のコースをお願いしました。夕食を済ませ部屋へ戻ると夜の8時に時間通り60歳手前ぐらいのメガネをかけた痩せ型の男性の施術者がやってきました。早速既に敷いてある布団にうつ伏せになってくださいとのことで横になりました。マッサージを受けている間に眠ってしまうかもなどと考えながら癒しを期待して横になりました。ところが、背中を上から下に向かって押されたところで「ん?何か違うぞ」という予感。気持ちいいではなく、とにかく痛い。こちらの加減を聞くことなくただひたすら強く押してきます。長距離の車の運転で疲れていた体を温泉で癒した後だったこともあり、少し眠気を催していたのに一気に目が覚める始末。腰痛を患いしばらく整体に通っていた経験がありましたが、正に受けたのは癒し系のマッサージではなく指圧であり整体でした。途中強かったら言ってくださいというので、もう少し弱めにとリクエストしましたが、強さはさほど変わりません。背中を肩の辺りから腰にかけて3往復ほど押された後、太ももからふくらはぎ、首から肩にかけてと順に押され、その後仰向けになるよう促され体がねじ切らんばかりのストレッチを受けました。痛いだけの指圧と体が壊れるのではないかと思うストレッチ。癒されるどころか時間の経過とともに苛立ちと意識がばっちり冴えていくのを感じながら40分が過ぎていきました。終わった後の率直な感想は、体のだるさと苛立ちでした。だるさはいわゆる揉み返しというやつでしょう。たまのご褒美にしかマッサージを受けないので分かりませんでしたが、翌朝大浴場脇のお店の看板を見るとマッサージではなくソフト整体と書かれていました。勝手にマッサージと思い込んだ私が悪かったのかもしれませんが、整体だったとしても温泉場だったらせめてリラックスできると万人が思うような施術のできるお店を置いてくれと心の底から思う体験でした。

ホームに戻る